13日の『NHKスペシャル』 ダイオウイカの深海での撮影に世界で初めて成功した時の映像公開

1:お歳暮はトマト1㌘φ ★:2013/01/06(日) 22:49:52.30 ID:???0
WS000077

謎多きダイオウイカの深海での撮影に世界で初めて
成功した時の映像が、13日の『NHKスペシャル』(後9:00)で
世界に先駆けて放送されることがわかった。

NHKは10年にわたる調査の最終段階として、国立科学博物館等と
共に有人潜水艇を用いた調査・撮影の準備を進め、昨夏、小笠原諸島でおよそ100回、
400時間以上に及ぶ潜航を行い、小笠原諸島父島の東沖の深海で
ダイオウイカに遭遇。世界で初めて撮影に成功していた。

ダイオウイカは、触腕(2本の長い腕)まで入れると、
大きなものでは全長18メートルにもなるという地球上最大の無脊椎動物。
古代から世界各地でさまざまな伝説として語られ、
欧米では“船を襲う海の怪物”クラーケンのモデルとして知られる。

これまで世界中のメディアや研究者が、その生息域である
深海で泳ぐ“生きた姿”の動画撮影に挑戦してきたが、
いずれも失敗に終わっており、「見果てぬ夢」とされていた。

同局では感度の高い目を持つダイオウイカに感づかれにくい
特殊な深海撮影用超高感度ハイビジョンカメラを開発。

それを最新鋭の透明ドーム型潜水艇に搭載し、
ダイオウイカ研究の第一人者である国立科学博物館の窪寺恒己博士、
同局のカメラマン、操縦士3人が深海へ潜った。

窪寺博士は、これまでにも2004年に小型カメラを水深900メートルの深海に下ろし、
世界で初めてダイオウイカの生きた姿を500枚もの写真に収め、
2006年には深海漁(水深数百メートルに仕掛けをおろし、 

メカジキや大型のイカなどを狙う漁)での調査中にダイオウイカを
生きたまま釣り上げ、水面で泳いでいる姿をビデオ撮影することに成功している。 

今回、カメラがとらえたダイオウイカは、2本の長い触腕は切れて
短くなっていたものの、大きさは3メートルほどあり、完全な状態であれば、
全長7~8メートルと推測される超巨大イカ。 

深海でダイオウイカを目の当たりにした窪寺博士は
「今まで調べたダイオウイカ、海岸に打ち上がったダイオウイカと違って、
輝くような美しさを持っていました。 

これは本当に価値ある映像で、今まで“謎”とされてきた
ダイオウイカのさまざまな生態を導き出してくれるでしょう」とコメントを寄せた。 

番組はNHK、NHKエンタープライズ、ディスカバリー・チャンネル(米国)の
国際共同制作。日本での放送後、米国で現地時間27日に
ディスカバリーチャンネルにて『GIANT SQUID: THE MONSTER IS REAL』が放送される。 


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130106-00000302-oric-ent



17:名無しさん@恐縮です:2013/01/06(日) 22:53:00.20 ID:0Xn0eHOEO
ダーウィンとかこういうのだけやってればいいのに


続きを読む

ネコが飼い主の墓参り 毎日欠かさず、小枝や木の葉やコップなどのお供え物までしているのが話題

1:BaaaaaaaaQφ ★:2013/01/06(日) 22:28:19.08 ID:???0
33

イタリア北東部の小さな町モンタニャーナで、
一昨年死去した飼い主の墓を毎日のように詣で、
供え物までするネコが話題になっている。地元メディアなどが5日までに報じた。
このネコは、灰色と白色の毛並みの3歳の雄、トルド。2011年9月に飼い主の男性=当時
(71)=が死亡した後、1年以上もの間「ほぼ毎日欠かさず、
墓に小枝や木の葉、プラスチック製のコップなどを置いていく」と妻は語る。
生後3カ月で飼われ始め、特に男性になついていたトルド。
葬儀で家から墓地まで付き添って以降、
墓参りをするようになった。妻は「夫はトルドを非常にかわいがっていた。
まるでトルドが恩返しをしているようだ」と話している。(時事)。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201301/2013010600017




12:名無しさん@13周年:2013/01/06(日) 22:31:46.41 ID:Moxq9+NG0
マジかこれ。
化けるぞ。


続きを読む

悟りの境地 絶食5年目「ダイオウグソクムシ」餌を与えられても迷惑そうにはじき飛ばす

1:九段の社で待っててねφ ★:2013/01/06(日) 03:02:20.40 ID:???0
三重県鳥羽市の鳥羽水族館で飼育している深海生物「ダイオウグソクムシ」が、
餌を食べないまま5年目に突入した。4日も月に1度の餌を与えられたが見向きもせず、
飼育員を困らせている。

同館は2匹を飼育展示しており、絶食しているのは07年9月に入館した
「No.1」(体長29センチ)。
09年1月にアジ1匹(約50グラム)を食べて以来、何も口にしていない。
入館時の体重は1040グラムで、昨年11月の測定では12グラムしか減っていなかった。
ダイオウグソクムシは、メキシコ湾やカリブ海などの深海に生息する海生甲殻類で、
等脚類中の最大種。魚などの死骸を食べるため「海の掃除屋」とも呼ばれる。

この日、与えたのはアジ、シシャモ、イカの足。飼育員の森滝丈也さん(43)が
水槽のふたを開け、No.1のそばに置いたが、脚を動かしてはじき飛ばし、
十数分後には体を丸めてうずくまってしまった。


http://mainichi.jp/select/news/20130106k0000m040097000c.html

与えられた餌を前に、迷惑そうに立ち上がるダイオウグソクムシ=
三重県鳥羽市の鳥羽水族館で2013年1月4日


1

2





5:名無しさん@13周年:2013/01/06(日) 03:04:31.87 ID:HCxujaps0
迷惑そうに立ち上がるww


続きを読む

「ギューン、ギューン」 新種「サドガエル」が佐渡島で発見される

1:そーきそばΦ ★:2012/12/11(火) 20:39:27.75 ID:???0
33

新潟大と広島大などの研究チームは11日、新潟県の佐渡島に
生息するカエルが、新種として専門誌に掲載されたと発表した。

佐渡島に固有の脊椎動物の発見は初めて。「サドガエル」と命名された。

サドガエルは体長4~5センチ。主に佐渡島中央部の水田や川辺に分布する。
新潟大の関谷国男・協働研究員が1997年に発見した。
水田に多いツチガエルと似ているが、腹が黄色く、
鳴き声も「ギューン、ギューン」と特徴的。

研究チームは、ツチガエルとは遺伝子の4~6%が異なり、
交配させても子のほぼ全てが生殖能力のない雄となることなどから、
新種と判断した。佐渡島が20万~80万年前に本州から分離した後、
島内に取り残されたツチガエルから派生したと推測している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121211-00001180-yom-sci



6名無しさん@13周年:2012/12/11(火) 20:40:27.66 ID:jyx6WiDEO
…轟なんだっけ?
宮迫がやってたよな


続きを読む

「奇跡だ」 ユウレイイカ再び捕獲、展示再開 新江ノ島水族館

1:西独逸φ ★:2012/11/18(日) 13:46:33.05 ID:???0
今月16日に幻の深海イカ「ユウレイイカ」が死んだと発表した、
神奈川県藤沢市の新江ノ島水族館が17日、
別のユウレイイカの公開展示を開始したことが、分かった。

生体での公開は極めて異例で、同館の広報担当者は
「生きたまま2回続けて展示できるなんて奇跡だ」と話している。

同館によると、最初のイカが死んだ約2時間後の
16日午後7時半ごろ、静岡県熱海市近海で釣り(水深約60メートル)を
していた一般女性から同館へ「変わったイカを釣った」との連絡があった。
担当者が現場へ急行し、確認するとユウレイイカだった。

同館は女性から譲り受け、17日から公開展示を再開した。
同イカは全長約60センチで薄ピンク色に光るのが特徴。
水温15度の深海をイメージした赤い水槽で飼育されている。

“初代”は、今月15日朝に江の島近海で水揚げ後、
同館で公開展示され、翌日の16日に死んだ。
「深海生物の飼育は難しい」と肩を落としていたところに、
再びユウレイイカが捕獲され、関係者は喜びにわいたという。
展示飼育部の杉村誠さん(40)は「冬場を迎え深海と浅海の水温差が
なくなったことで、イカが上昇して続けて
採集出来たのでは」と推測した。

同館を訪れた千葉市の会社員佐々木恵さん(34)は
「熱海で釣れたのなら名前は『あっちゃん』かな」と命名。
ユウレイイカは、主に相模湾以南の太平洋の水深200~600メートルの
深海に生息。細い体をユラユラと静かに
漂わせる姿が幽霊に見えることから名付けられた。

http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20121118-1048503.html



6名無しさん@13周年:2012/11/18(日) 13:48:34.65 ID:A34smwVH0
特別旨そうでも何でもない

6


>>6
身が少ないな


続きを読む

水深3300メートルの海底から、新種の肉食の海綿生物「コンドロクラディア・リラ」が発見される/米カリフォルニア

1:白夜φ ★:2012/11/10(土) 23:52:51.72 ID:???
<水深3300メートルの海底からとんでもない形をした新種の
肉食生物が発見される(米カリフォルニア)>

1


カリフォルニア沖、水深3300メートルの海底から、新種の肉食の海綿生物が発見された。
その形状は複数にわかれた根のような部分から、放射状に
ハープの玄のような枝が生えており、
この枝を使って罠をしかけ、先端についたフックを使って小さな甲殻類を捕食するという。

この奇妙な新種の海綿生物を発見したのは、米カリフォルニアの
モンテレー湾水生生物研究所(MBARI)の
ロニー・ランドセン博士率いる研究チーム。チームは、
遠隔操作できる深海潜水艇を使って、2匹の新種生物を捕獲し、
その生態を記録した。まずはその映像を見てみよう。

The harp sponge: an extraordinary new species of carnivorous sponge

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=VC3tAtXdaik

研究チームは、この新種生物の姿が楽器のハープや琴によく似ていることから、
「コンドロクラディア・リラ(Chondrocladia lyra)」と名づけた。
(ラテン語でリラはハープを意味する。コンドロクラディアは海綿動物、
尋常海綿綱に属するカイメンを意味する)
 
最初に発見した個体は、2枚の羽根しかなかったが、
二度目に捕まえた個体は、体の中央から最大6枚の羽根が伸びていた。
枝分かれした四肢の先に棘のあるフックがついていて、それを使って
小さな甲殻類をひっかけ、捕らえると薄い膜で包み込んでゆっくりと消化するという。


2

3

4

棘のフックのようなもの

研究チームによると、この生物は3240から3450メートルの
深海に生息しているそうで、海流と接触する体の表面積をなるべく
大きくし、獲物を捕えやすくするために、このような枝つき燭台のような
特徴的な形に進化したのだろうと推測している。


5

6


一般的な海綿生物は、海水中のバクテリアや有機物を体でろ過して、
そこから栄養を採ると言われているが、
今回の研究により、初めて肉食の海綿生物が存在することが判明した。

コンドロクラディア・リラは、生物が過酷な環境の中で生き延びていくために、
特異の変化を強いられた環境適応の一つの例であろう。
________________

▽記事引用元 カラパイア

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52107464.html

▽関連
MBARI(モンテレー湾水生生物研究所)
Scientists discover extraordinary new carnivorous sponge

http://www.mbari.org/news/homepage/2012/harp-sponge/harp-sponge.html


7:名無しのひみつ:2012/11/10(土) 23:57:41.85 ID:iWYygx/4
深海すごいよ深海

>>1予想をはるかに超える外見だ


続きを読む

ダイオウグソクムシたん1408日絶食中

1: カナダオオヤマネコ(新疆ウイグル自治区):2012/11/10(土) 00:05:33.47 ID:gQ38WhYP0
WS000061

ダイオウグソクムシたん1408日絶食中

鳥羽水族館(鳥羽市鳥羽)で飼育展示中の「ダイオウグソクムシ」が
2009年1月2日に餌を食べて以来
3年11カ月(1408日)間何も食べず絶食状態を続けている。
あと2カ月で4年間の絶食生活記録が更新される。(伊勢志摩経済新聞)

ダイオウグソクムシは、ダンゴムシやフナムシの仲間で、
等脚目の中で世界最大。日本最大のオオグソクムシが
体長10~15センチメートルに対してダイオウグソクムシは
20~45センチメートルの大きさになる。メキシコ湾や西大西洋周辺の
200~1000メートルの深さの海底に生息し、堆積するにごみや落ちてくる魚の死骸などを
食べ「海の掃除屋」と呼ばれているが、生態はよく分かっていない。
7対の脚、尾部にとげを持ち、固い甲は外敵から
身を守るためのものであると推測される。エビやカニと同様の腹部にある腹肢を
上下させ海中を遊泳する。
節足動物門甲殻綱等脚目スナホリムシ科。

同館のダイオウグソクムシは、これまで5個体が入館。
現在、最初に入館した「No.1」と5番目に入館した「No.5」の2個体
(共にメキシコ湾で捕獲)が飼育展示され、入館者からは
「デッカいダンゴムシ~」などと声を掛けられながら、同館人気者の
ラッコやジュゴンの影でひっそりと「極地の海」の水槽の中で息を続けている。
3年11カ月間絶食状態のダイオウグソクムシは
2007年9月9日に入館した「No.1」(入館時の体長=29センチ、体重=1040グラム)。

餌は月に1度水槽の中に入れて与えているが、2個体ともほとんど食べていない。
「No.1」は入館して1年以上全く何も食べず
2008年11月に初めてアジをかじった形跡を残し、
翌月の12月1日に3分の1ほど食べ、2009年1月2日に初めて約50グラムの
アジ1匹を平らげた。それ以来全く食べようとせず、3年11カ月が経過した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121109-00000041-minkei-l24

画像
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121109-00000041-minkei-l24.view-000




2: デボンレックス(やわらか銀行):2012/11/10(土) 00:05:59.10 ID:a1A3h9mR0
昆虫はバケモノや


続きを読む

極めて珍しいバハモンドオウギハクジラが打ち上げられる

1:ベガスρ ★:2012/11/06(火) 08:58:18.23 ID:???
3

""珍しいクジラと判明 NZ、打ち上げられた2頭"

【ワシントン共同】
2010年末にニュージーランド沿岸に打ち上げられて死んだ2頭の小型クジラが、
これまで骨の標本でしか確認されていない極めて珍しい種だと分かったと、
ニュージーランドの研究チームが6日付の米科学誌に発表した。

見つかったのは体長5・3メートルの母親と3・5メートルの子どものペア。
当初は別の種と考えられたが、DNA解析の結果、トランプのスペード形に似た歯を持つ
バハモンドオウギハクジラと判明した。このクジラの標本は1872年に見つかった下顎の骨と、
1950年代に見つかった2個の頭骨しか存在しない。

確認例が少ないことに、チームは「深海に潜るため」としている。

画像
2010年にニュージーランド沿岸に打ち上げられて死んだ
バハモンドオウギハクジラ(ニュージーランド政府提供)

http://www.47news.jp/CN/201211/CN2012110501001746.html

The world’s rarest whale
http://www.cell.com/current-biology/abstract/S0960-9822(12)01059-7



9:名無しのひみつ:2012/11/06(火) 09:18:21.65 ID:y6rEcYYp
標本が過去2つとかレアだな
まだまだ未知の世界あるんだねー


続きを読む

スズメって日本の鳥っぽ過ぎだろ

1:名無し募集中。。。:2012/10/31(水) 17:12:01.09 ID:0
1

ツルとかも日本の鳥っぽ過ぎだけどあいつら何なんだよ



2:名無し募集中。。。:2012/10/31(水) 17:15:21.69 ID:O
>>1
全く同意
三毛猫にしても日本の猫っぽ過ぎるわな


続きを読む

哺乳瓶をくわえて子羊にミルクをあげる牧羊犬(画像あり)

1:そーきそばΦ ★:2012/09/23(日) 15:19:34.96 ID:???0
1

2

3

4

【新華網】 
牧羊犬のジェスは英エクセター付近の農場で暮らしている。
子犬の時から哺乳瓶をくわえる訓練を受け、
毎日欠かさずドーセット種の子羊4頭に3回ミルクをやる。雑務のお手伝いもする。
18日付英メディアが伝えた。

ジェスのご主人、デヴォンさんは180エーカー(約0.728平方キロメートル)の農場を経営しており、
希少な品種の羊を270頭飼育している。
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/politics_economics_society/310446/
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1348381174/ 



3:名無しさん@13周年:2012/09/23(日) 15:20:47.94 ID:UvwEoaj10
シープドッグってのはほんと利口だなー


続きを読む
スポンサードリンク
amazon

amazon
amazon
amazon
amazon
逆アクセスランキング
amazon
amazon
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ