1:おばさんと呼ばれた日φ ★:2012/03/18(日) 08:12:03.58 ID:???0
1 (1)

代から近現代まで、世界の出来事を通史的にまとめた文庫本が全国の書店で
異例の売れ行きをみせている。

世界史は「カタカナだらけ」「暗記項目が多くて面倒」「扱う時代が長すぎる」などの
理由で日本史と比べて人気は低く、大学受験の選択科目でも敬遠されがち。
購入の中心層は中高年で、今になって世界史の本を手にするのは、
流行の「学び直し」に目覚めたのか。それとも日々変わる世界の政治情勢に対する関心からか――。

上下巻で30万部を突破したのは、カナダの歴史家、W・H・マクニールの「世界史」(中公文庫)。
原書は1967年発行で、2008年に文庫化された。「世界で40年以上読み継がれている名著」という
キャッチコピーで東大の大学生協で人気に火がつき、一般書店にも広がって、この1年で急速に
売り上げを伸ばした。

5大陸で異なる発展を遂げた人類史を描いた「銃・病原菌・鉄」(草思社)も2月の文庫発売から
上下巻で25万部。いずれも購買層は30~50歳代で、文庫で読める手軽さが
ブームに拍車をかけている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120317-OYT1T00473.htm


10名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 08:18:40.07 ID:VIolh/nz0
学生の時は世界史嫌いだったわ。
漫画世界史読んでから教科書読んだ。


46:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 08:38:00.10 ID:xjsVfqKXO
世界の~的な蘊蓄本読むと世界の偉人とか風習とか変態多くて面白い

10名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 08:18:40.07 ID:VIolh/nz0
学生の時は世界史嫌いだったわ。
漫画世界史読んでから教科書読んだ。


289名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:13:09.99 ID:jeZY2t5h0
>>10
発生した年とか人名の漢字とか暗記しなきゃいけないのがね。
今は試験とか関係ないから大凡の時代と前後関係だけ
把握して読んでる。


312名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:22:11.97 ID:Kov/p2b+0
>>289
試験問題で年数答えさせるのはやめた方がいいと思う
大雑把な時期と、流れ(前後関係)が分かれば十分なのにな


17名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 08:21:31.77 ID:r8ULRCYv0
『ローマ人の物語』も良いよ。


237:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 09:57:51.79 ID:V4CDW9vI0
>>17
海の都の物語の方がオススメ。今の日本とそっくりだから。観光立国を
志向し始める辺り、日本オワタtって感じ。


25名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 08:27:36.81 ID:pS4vDL9b0
リーマンショックで100年に一度の危機と言われ100年単位で
歴史を見ようという動きが出て来たがどうもそれでは足らないと
いうことで最近は千年、1万年単位でモノを見ようという流れを感じる


485:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 11:18:48.17 ID:GssP8NlW0
>>25
でも、現在の人類の歴史って二万年もないからねえ。


849名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 14:14:09.57 ID:9EH3pjLq0
>>25
1000年に一度か二度の津波とかもあったしね。
賢者は歴史に学ぶというから、何かしら役には立つかもしれない。


32名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 08:28:01.76 ID:LJ+MfIBzO
「銃・病原菌・鉄」
この手の本は 面白い


237:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 09:57:51.79 ID:V4CDW9vI0
>>32
草思社の「王様も罹った性病の歴史」オススメ。
ハーレククイン文庫の起源が
18世紀辺りの田舎から出てきて就職してしまったブラックメイド産業
(超重労働&薄給)から抜けられずに屋根裏部屋で涙しつつ
「お金持ちでイケメンの資産家と出会って
フォーリンラヴ、玉の輿で極貧生活脱出」と言う妄想を具現化した、
世に言う3文小説西洋版にあるあたりがツボだった。
因みに当時のメイドは主人にヤられちゃうとか普通だったし、
給仕メイドはウリをするのが
普通だったとか・・・。そして15歳~とか、年齢構成を反映して皆若かった。


520:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 11:27:39.43 ID:v3asfU9h0
>>32
ハードカバーの時に3回読んだ。面白かった


33名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 08:28:12.25 ID:op+B7jb/0
山川の教科書で良いよ


329名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:28:39.54 ID:HH2BHXi30
>>33
山川の日本史用語集で一年で偏差値30から65まで上げたのはいい思い出
一年間の最後のほうは日本史だけ全国模試で名前載りまくってた。

友人は俺のことをアスペといって自己処理してたみたいだけど


337名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:30:12.25 ID:QS0BfJbP0
>>329
山川の用語集はよく出来てるよな
色分けしてライン引いたりボロボロになるまで使い込んだわ


366名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:39:16.23 ID:HH2BHXi30
>>337
あれ一冊あれば他の参考書要らないからね。
俺もボロボロになるまで使い倒した。

グリーンのシートを使って文字が見えなくなるマーカーを
使ってたが、今もあのマーカーってあるんだろうか?


48:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 08:38:49.63 ID:pkvZa8yIO
五賢帝
百年戦争
大空位時代
奴隷王朝
栄光ある孤立
星室庁


かっこいい


51名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 08:40:11.38 ID:RviH4Gnl0
神聖ローマ帝国っていいよな。
なんか俺こそ唯一絶対だぜって思いが伝わってくる。


56:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 08:42:32.73 ID:cuiUoglv0
>>51
特に共和制から独裁に移行する辺りは面白いね。


64名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 08:45:18.68 ID:1dItMaI90
>>51
「神聖でもなけれ帝国でもなく、ローマですらない」


71:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 08:48:37.62 ID:8PskqbS60
>>64
ヴォルテール乙


69名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 08:48:06.69 ID:cuiUoglv0
ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)がローマの独裁官になった月を記念して
7月を彼の名前にした(ジュリアス=July)とか、
8月は初代皇帝アウグストゥスからとかのウンチクは飲むときに役立つ。


81:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 08:52:24.52 ID:9MIQLvDQ0
世界史嫌いは穴埋め暗記本が初心者用として売られてるのが元凶
いきなり東大の問題を解かせた方がいい


87名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 08:53:37.40 ID:SYDAhp2n0
何だ、本売れてるんじゃん
現代人は本読まなくなったので、売れないとか言っている出版社って
お前らの企画力ないだけじゃん。


502:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 11:23:19.45 ID:GssP8NlW0
>>87
そうなんだよね。


92:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 08:55:37.88 ID:aPKS1bzL0
憤死という言葉を初めて知ったのは、世界史の教科書だったわ
カノッサの屈辱だっけか


100:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 08:58:36.24 ID:QKXsiePk0
こういった本が売れると

日本人も捨てたもんじゃないかと安心する。


105:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 08:59:39.46 ID:S8/4JiCz0
これ誰が火付け役だっけ?ネット発だったような気がする
図書館じゃ100件くらい予約が入ってて借りられない
その上、高い


122:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 09:04:30.35 ID:TbBzjaQh0
邪魔する訳ではないけど
お金の無い人のためにこんなのはあるよ
偏向の度合いは知らんけど

世界史講義録
http://www.geocities.jp/timeway/
KO
http://keio-ocw.sfc.keio.ac.jp/j/economics/02A-014_j/index.html
世界史講義
http://members.jcom.home.ne.jp/spu/mokuji.htm

http://ocw.kyoto-u.ac.jp/faculty-of-lettersja/course05/lecturenote


151名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 09:18:10.48 ID:UJNiwL3f0
キミ達は、東洋史、西洋史のどちらが好みだ?


164:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 09:25:18.21 ID:DSe1keFf0
>>151
東洋史は個人個人に思入れがある場合があるから先入観が
あまりない西洋史のほうがよいのかもね。
曹操なんて高校世界史では「曹丕の父」などという
三国志マニアにとってはあり得ない扱いだし。
諸葛亮なんかよりも陳羣のほうがはるかに重要人物なのが高校世界史。


154:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 09:19:25.16 ID:hiqMkSpJO
学び直しって大事だよな
特に国語(日本語)と社会(歴史地理政治)は
大人になってからの方が俄然面白い


160名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 09:23:00.81 ID:Kov/p2b+0
銃・病原菌・鉄、元々売れてるみたいなのに10年以上文庫化されてなかったから、
こりゃもう文庫が出る見込みはないかと諦めてハードカバー買ったら直後に文庫が出た
文庫の方が軽くてかさばらなくて(ついでに安くて)良かったのに……くそう


365:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:39:07.60 ID:ftrp1HPL0
>>160
俺も文明崩壊と共に4冊ハードカバーで最近買ったんだわ。
まぁいい本なら高くてもいいさ。まだ読んでないけど・・・。


192:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 09:36:39.63 ID:TciQOIO00
高校の時や大学受験では日本史か世界しか分かれるけど
後々どんどん歴史に興味が湧いて調べ始めると両方楽しめるようになるよな


196名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 09:37:55.82 ID:1dItMaI90
聞いた話だが、アメリカの歴史教科書というのは日本のものとは比べ物に
ならないほど分厚くて写真等の資料が豊富で物凄く詳しいんだが、
それ故個人で買い揃えることができないほど高く、学校のものになっているらしい。
つまり生徒は学校にある教科書を借りて勉強する。当然、書き込みなどもってのほか。


462:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 11:12:39.99 ID:HVshL/K40
>>196
歴史科目に限らず、欧米では教科書は学校の備品なんだよ
机や椅子と同じ扱いさ


216名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 09:47:56.74 ID:qt/jXAvi0
世界史本って今までローマ人の物語と手塚治虫監修の
まんが世界の歴史しか読んだことないけど、おすすめを教えて


217:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 09:48:34.28 ID:1dItMaI90
>>216
平野耕太「ドリフターズ」


230:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 09:55:00.98 ID:Kov/p2b+0
>>216
神聖ローマ帝国(講談社現代新書)


253名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:01:54.05 ID:OApGDHlT0
>>216
岩波ジュニアの「フランス革命」「砂糖の世界史」「ヨーロッパ世界史入門」


261:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:04:04.23 ID:OApGDHlT0
>>253
失礼、「ヨーロッパ思想史入門」だった。


267:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:05:26.28 ID:7KQrch0t0
>>216
横山光輝の「チンギスハーン」


239名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 09:58:31.43 ID:1dItMaI90
俺の上司は仕事できるけど
「フランク王国って何? フランスじゃなくて?」とか言ってたぜ。


245:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:00:27.32 ID:UJNiwL3f0
>>239
フランクとフランスを区別出来ない人は、世界史を履修していない証と観れるよ


241名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 09:58:59.37 ID:nE+6fI+2O
世界史の中の日本ってどんな位置付けなの?


250名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:01:43.30 ID:DSe1keFf0
>>241
明治維新イベントをゲームに実装すると
外国人からチート呼ばわりされる程度の位置づけ。


269名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:06:20.08 ID:KXEGS0+d0
>>250
詳しく。シヴィライゼーションとかでそんな苦情あったっけ?
それともものの例え?


294:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:14:33.78 ID:DSe1keFf0
>>269
Victoriaというゲームでは世界の国家が非文明国と文明国に分かれているのだが、
日本は明治維新イベントによっていきなり非文明国から文明国になることができる。
そうでもしないと日本の短期間の成長ぶりをシミュレートできないってことなんだろうが。


251名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:01:47.12 ID:TciQOIO00
誰かドイツ第三帝国について書かれたオススメな本教えてくれ
西洋史初心者の俺には『わが闘争』くらいしか思いつかない


325名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:26:44.43 ID:OQOD7hqu0
>>251
落合信彦 「20世紀最後の真実」


276名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:08:31.74 ID:czfMHbhU0
この本の特徴は、徹底した唯物史観。
あまし偉人に重きをおかず、産業や地形の影響を重視してる。
メソポタミアの塩害の話とかは、なかなか興味深い。

そういう意味じゃ、ダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」と方向性が似てる。


309:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:21:18.92 ID:3jBQZOYj0
「まんが医学の歴史」は名著だったな 漫画もなめたらいかんね


324:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:26:03.83 ID:EyXSVoy50
Europa UniversalisやVictoriaで
遊んでたら世界史にめちゃめちゃ詳しくなりました


336:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:29:54.99 ID:LsNkyx5c0
文系なら世界史を選ぶべき。確かに入試では大変かもしれないが、
文系学問の多くは世界史の知識を前提としているので、世界史を
やった人とやらなかった人では、大学の講義の面白味が違うと思う。


362名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:38:26.21 ID:3rhLpkFn0
アメリカの皇帝になろうとして処刑されちゃったのは、
ハプスブルグ家の人だったけ?


382名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:43:11.20 ID:a8RhbNLj0
>>362
メキシコ皇帝マクシミリアン
ナポレオン3世に唆されてほいほい新大陸に渡ったら梯子はずされて
殺された哀れな人


394名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:48:11.24 ID:w5Ch9Y0QO
世界史っていうかキリスト教史だからな

江戸時代も蘭学としてコペルニクスの地動説が入ったり
和算が発達したりして鎖国といいつつ情報は入って来たりしてたしな


406名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:54:57.90 ID:HH2BHXi30
>>394
和算は庶民一般に広く親しまれてたみたいだよね。

外国の宣教師が未開の住人に自慢しようと、平方根を教えようとしたら、
そこらへんにいた大工のおっちゃんのほうが詳しくて、自国より教養レベルが高すぎて
侵略を断念したとかw(数学=軍事技術だから)

八歳の子供が神社に奉納してる和算の絵馬を見ると、絶望するレベルだったり。


412名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:56:44.24 ID:3rhLpkFn0
>>406
和算は農民までやってたもんなぁ
いや、年貢を納める上でそういった計算は農民でも必要だったに違いないけど


424名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 11:00:55.35 ID:HH2BHXi30
>>412
そういった計算はヨーロッパでは騎士・貴族階級がやってて、
農民はまさに農奴だったんだよ。
奴隷に教養は必要ないからね、数学という概念も無かったんじゃね?


428:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 11:02:15.96 ID:Zvfk7peV0
>>424
つか公教育が普及するまで、庶民はほとんど字が読めなかった。


398名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:51:10.47 ID:lsU3Q2mg0
サファヴィー朝ペスシアとかおもしろいよ

14歳の子供ががんばって一代で大帝国築いたけど
自慢の騎馬民族でオスマントルコに襲いかかったら
鉄砲大砲装備の歩兵にフルボッコにされて騎馬軍団壊滅して
鬱って引きこもりになったりとかw


418:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:57:19.52 ID:HH2BHXi30
>>398
チャルデラーンの戦いを宣教師から聞いた信長が
鉄砲の集中運用を思いついたかどうかは
ロマンを感じるね。
あと尾張の長槍部隊もギリシャのサリッサからヒントを
得てるかもと考えたら、楽しくなってくる。


399名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:51:28.57 ID:a8RhbNLj0
古代中国ではローマ帝国を大秦といったが
秦=中国より大=上位の国と位置づけていたのだろうか


413:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 10:56:53.57 ID:DSe1keFf0
>>399
西のほうにある大きな国、くらいの意味合いだろう。
「秦」ってのはいまの陝西省あたりを指す単なる地域名だから。


427名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 11:02:13.26 ID:8EuSn/o/O
>>399
大秦からは漢代に使者が来たが、その君主は「王」と表記。
唯一無二の漢皇帝よりも偉いとはしていないよ。


429名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 11:02:29.30 ID:a8RhbNLj0
新しい歴史教科書では戦国時代の日本は銃の
保有数が世界一だったとなっているが誤り
正確にはマムルーク朝に次いで世界二位


459名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 11:11:33.64 ID:dRFtG9fv0
学生の頃は日本史も世界史も大嫌いだったが色々なSLGやったせいか
今や書物などで読み漁りより深く嵌る始末・・・


525:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 11:29:13.49 ID:LYdBRoJE0
世界史年表

525



529名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 11:30:03.61 ID:Ttvv6q/k0
カエサル、スキピオ、ティムール、康熙帝、
その他沢山、やはり英雄の所業にはワクワクする!


537名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 11:32:03.67 ID:Zvfk7peV0
>>529
スキピオの名をあげるなら、ハンニバルだろ?
まさに英雄一代記。


543名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 11:34:40.64 ID:OGMcdyeb0
>>537
塩野御大の本でしか知らんけどハンニバルは萌える


556名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 11:38:56.63 ID:V4CDW9vI0
>>543
ネットで読める小説「ハンニバル」
http://homepage1.nifty.com/Woodnote/novel/hannibal/hannibal_index.htm

これ上手いと思うよ。面白いし


563名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 11:42:03.53 ID:OGMcdyeb0
>>556
サンクス。時間あるときに読んでみるわ


554名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 11:38:16.57 ID:yvBAaddp0
このスレ見てたら
なんかヒストリエが読みたくなってきた。


561名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 11:41:11.78 ID:3rhLpkFn0
>>554
ヒストリエって、ヒストリーとストーリーを合わせた造語じゃなかったけ?
要は歴史物語


589:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 11:52:38.18 ID:72NDuSCg0
>>561
歴史ものがたりではあるけど素晴らしい作品ですね
まさか、アレクサンドロスで長尺な作品出会えるとは・・
(短めの歴史漫画やガンダムでお馴染み安彦良和さんのとかあったけどね)
連載始まって数年でまだ東方遠征始まってないのもいいw

個人的には今後10年以上かかっても大王の死から
後継争いのディアドコイ戦争まで描き切ってほしいです
全巻で数十巻行くかなw


594:名無しさん@12周年:2012/03/18(日) 11:54:05.78 ID:+bLrItSH0
世界史はたんにどこでどういう事件があったか
とか並べていくだけじゃつまらない。
人類の文明や意識がどう変わっていったかを主題にしながら、
それを補足するように事象をつけ、
その事象の細部にどんな人間的な感情があったかを一緒にしていき、
現在ある価値観にどう影響を及ぼしていくかが分かれば、
人類史となって面白くなっていく。




ガールズ&パンツァー タペストリー E 麻子
ガールズ&パンツァー タペストリー E 麻子